ゆきのみず × シェフ

三國清三<みくに きよみ> & ゆきのみず

ゆきのみずイメージ001

三國 清三シェフ イメージ

「ゆきのみず」は、数ある軟水の中でも、とても料理とのバランスの良いお水だと思いま す。 フラテッロ・ディ・ミクニでは、レストランでお食事されるすべてのお客様に「ゆきのみず」をご提供しています。 新鮮な空気と「神々の遊ぶ庭」と言われる大雪山系から生み出される北の大地の傑作。「ゆきのみず」は北海道を代表するお水だと思います。 私の生まれ故郷でもある北海道の恵みを、世界の多くの方々に知っていただきたいですね。

料理においての水の大切さ

料理においての水の大切さ イメージ

素材本来の味を最大限に引き出すには水が重要です。日本で生まれた味覚である「UMAMI」たっぷりのダシをとるとき、新鮮な野菜のピューレなどには最高の水が必要です。フラテッロ・ディ・ミクニではブイヨンや朝採りとうもろこしのスープなどに「ゆきのみず」を使用しています。

水へのこだわり

水へのこだわり イメージ

飲料水として料理に合わせるには「ゆきのみず」のようなバランスの良い軟水が適しています。フラテッロ・ディ・ミクニのある上川町で「ゆきのみず」が採水されており、その水をお客様に提供できることは、レストラン経営者として最高の環境であると思っています。

北海道の恵みと水

北海道の恵みと水 イメージ

北海道の屋根と言われる大雪山系由来の「ゆきのみず」は、日本の貴重な財産と言えるでしょう。日本のエビアンを目指して欲しいですね。
それぞれの国や地域に合った水を飲み、料理に使用することが最高の贅沢です。
潤沢に良い水が手に入るというのは素晴らしいことなのです。

オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國 清三<みくに きよみ>

三國 清三シェフ イメージ

1954年 増毛町生まれ。
1974年 駐スイス日本大使館料理長就任。
1985年 東京・四ツ谷オテル・ドゥ・ミクニ オープン
2011年 フランスヴェルサイユ宮殿にて、ガラ・ディナー「世紀の晩餐会」が開催され、料理をサポートするグランシェフの日本代表として参加。
2013年 フラテッロ・ディ・ミクニ オープン
北海道観光大使就任。フランソワ・ラブレー大学名誉博士号授与。総理大臣官邸にて行われた、オランド・フランス共和国大統領と安倍総理大臣による 「日仏ワーキングランチ」の総料理長を務める。
2014年 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議の顧問に就任。
2015年 フランス共和国より日本の料理人初となる、レジオン・ドヌール勲章シュバリエを受勲。この勲章は、1802年にナポレオン・ボナパルトにより創設されたフランスの最高勲章である。
現在、子どもの食育活動や、復興支援活動「子どもたちに笑顔を!」プロジェクトを継続。

上へ